神待ち利用におけるリスクについて

神待ちサイトという存在が最近になって一部で流行っているそうですが、これは家出少女などが泊まる場所や食事などを提供してくれる男性を見つけるサイトということになるようです。
こうしたサイトを利用する女性のほとんどが未成年であるわけですが、その多くが家庭に問題を抱えているようで、親との関係が良くないケースが目立つようです。
昔からこうした時期には親に反発することもあるわけで、こんな神待ちサイトなんていうのがあれば、利用してしまうのも仕方ないのかもしれません。

aR6ui9kGPhj彼女たちは大人に比べてお金をそれほど持っていませんから、お金を浮かすためにいろんな工夫をすることでしょう。そのひとつが神待ちサイトといってもいいかもしれません。世の中には欲望を刺激するモノやサービスがあふれていますからね。
一方でこの時期の女の子はセックスに対して興味を持ち始めます。早く処女を捨てたいと考えている女の子もたくさんいるでしょう。

基本的に神待ちサイトで知り合う男性はセックスを見返りとして求めます。ある意味で援助交際と変わりません。
そうすると、男性側としては、児童買春のリスクがつきまとうことになります。たとえ金銭の授受がなくて合意の上だったとしても、18歳未満の少女とエッチをするとこは法に触れる行為ですから、自重すべきなのですが、そんなことお構いなしの男性がたくさんいるということなのでしょうね。

神待ちをする少女たちの傾向とは

w8soK2iB神待ちサイトというものが話題になっていますが、知らない人にとっては何のことだかさっぱりでしょう。
神とはいっても実際に神様のようではありません。家出をした少女が泊まるところや食事を援助してもらうために利用するサイトのことで、場合によっては家出をして困っているわけでもないのに食事代や遊び代をたかるために利用しているケースもあるようです。

こうした少女たちの傾向としては、見た目が派手なギャルが多いと思われがちですが、実際にはあまり目立たない少女の方が多いようです。
「こんな普通の女の子が・・・」と驚く男性も少なくないようです。とにかく、彼女たちはそれほどお金を持っていないわけですが、それでもファッションな遊びなど金がかかるわけです。なんとか金を浮かそうとしているのかもしれません。
一方、実際に家出をして困っている少女が利用することもあるわけで、こうした少女たちは、まず家庭に問題を抱えていて、家出をするまで追い詰められているケースが多いと言うことです。
もっとも、それほど追い込まれてなくても気軽にプチ家出を繰り返す少女も多いわけですから、一概には言えませんが。

こうした家出や遊び目的以外にも、アイドルやアーティストの追っかけをしていて、ホテル代や食事代などを節約するために神待ちサイトを利用しているケースもあるようです。

神に助けてもらう見返りはカラダ

いわゆる神待ちサイトというのが若い人達の間で話題になっているそうです。神を待つというのは、家出をした少女が神様のような助けてくれる男性を見つけるサイトという意味です。
しかし、神様とはいっても、実際には無償で助けるはずもなく、ちゃんと見返りを求めるわけです。その見返りとは、カラダ以外にあり得ません。

VYhsELこの神待ちサイトは、出会い系サイトとは別物だとされるわけですが、現実的には少女のカラダを目的にした出会い系サイトのようなものといってもいいでしょう。

援助交際のようなものといってもいいくらいです。援助交際は少女に金を渡してエッチをする売春なわけですが、神待ちの場合は、泊まる場所や食事などを与えてその見返りにエッチをさせてもらうわけです。

女性にとっては非常にリスクのあることです。ついていったら複数の男性に犯されたなんてことも考えられるでしょう。
一方男性にとってもリスクはあります。家に泊めてあげたものの、ちょっと外出した先に金品を盗まれるという事例もあるようです。

また、そこまでひどい被害に遭うことはなくても、エッチができると思っていたのにご飯をおごらされただけで逃げられてしまうといったこともあることでしょう。
まあ、どっちもどっちという気がしないでもありませんが、いずれにしても性欲というものが目を曇らせることには違いないようです。気をつけたいものですね。